USBドライバ

WOBは、付属のUSB接続ケーブルでパソコンとUSB接続するとパソコンから電源が供給されるようになっています。

WOBのUSB接続は電源をとるだけでなく、パソコンとの通信にも使えるようにUSBインターフェースチップが組み込まれているため、Windowsが新しいデバイスとして登録しようとします。

あらかじめこのインターフェース用チップのデバイスドライバがインストールされていないと、Windowsのタスクバーから

デバイスドライバーソフトウェアはインストールされませんでした。

というポップアップが表示されます。特に気にしなくてもよいのですが、接続をするたびにこれが現れますので、うるさいと思う方やパソコンからDeMプログラムを転送したい方、Arduino開発環境でWOBを使いたい方は前もってデバイスドライバをインストールしてください。

あらかじめドライバをインストールしておくと、接続時のポップアップが

となり、しばらくすると

と表示されます。これ以降、同じUSBポートに接続する場合はポップアップは出現しなくなります。

パソコンからDeMプログラムを転送したい方やArduino開発環境でWOBを使いたい方は、「COM5」という部分が重要です。

お使いのパソコンの状況に応じてCOM+数字となって表示されますが、これを覚えておいてください。のちの設定で必要になります。もし後から再確認したくなった場合は、

スタートメニューからコンピュータを右クリックしてプロパティ→デバイスマネージャ→ポート(COMとLPT)で見ることができます。

USBドライバダウンロード

ドライバのダウンロードはこちらから

exe仮想COMポートドライバ v6.5.3 - (exe・6.79 MB)

WOB-SITEから

または、チップメーカーのサイトから

exe仮想COMポートドライバ v6.5.3 - (exe・6.79 MB)

Silicon Labsのサイトから

MacやLinuxの方はチップメーカーのダウンロードページにありますので、そちらからお願いします。

 

Last modified on 2012/11/08