サウンド

コンセプト

  • PWM駆動でできるだけ「いい音」をめざす。
  • PWM駆動でない矩形波出力にも対応する。
  • 音量をかせげるスピーカー。
  • 無音時は消費電力を抑える。

仕様

  • PWMサウンド用ローパスフィルタを選択/バイパスできるようにする。
  • ローパスフィルタは3次 Sallen-key アクティブフィルタとする。
  • ダイナミックスピーカを駆動。
  • BTL(Bridged Transless)駆動出力のオーディオパワーアンプ。

回路構成

  • インピーダンス 出力 直径
    250mW 32mm

    スピーカ選定。いい音で音量をかせぐならやはりダイナミックスピーカだ。

  • メーカー IC型名 特徴 コスト
    ST LMV321 1回路, SOT23-5,
    LMV358と同一特性
    ST LMV358 2回路, SOP8

    ローパスフィルタ用オペアンプの選定。CMOSの低消費電力のもの。価格と汎用性からLMV358を選定。

  • スピーカ用パワーアンプの選定。無信号時消費電力が小さく、シャットダウン機能およびポップノイズ低減機能がついているものが望ましい。いずれも数十円以内に入っているため消費電力を重視してTPA301を採用。
メーカー 型名 Po[mW] Zo[Ω] IccQ[mA] IccSD[uA] PKG 特徴
JRC NJM2113 400 16 2.7 72
JRC NJM2135 400 8-200 2.7 0.1
JRC NJM2149 250 8-200 2.2 0.1
ST TS4902 700 8 6 0.01 MSOP8
ST TS4990 1.2W 8 3.7 0.01 SOP8 Depop
TI TPA301 700 8 0.7 0.15 SOP8
TI TPA311 750 8 0.7 60 SOP8 BTL/Single-end切替, Depop
TI TPA721 700 8 1.25 7 SOP8 Depop
TI TPA6203A 1.25W 8 1.7 0.01 MSOP8 Depop
Holtek HT82V739 1.2W 4/8/16 3.5 1 DIP8 *1
Freescale MC34119 250 8/16/32 2.7 65 SOP8 *2
Maxim MAX9716 1.1W 8 4.3 0.01 MSOP8 Depop
NS LM4890 1W 8 5 0.1 SOP8
NS LM4819 300 8 1.5 1 SOP8

*1 外付け部品少ない代わりに何も調整ができない。
*2 1996年からあるもので、設計が古い。この表中のデバイスの原型か。

 

Last modified on 2012/10/30