ネットワーク

コンセプト

  • 簡単なネットワークの実験ができる程度の簡素なハードウェア。トランシーバのみで専用チップなし。
  • 最大で30台程度が接続できる。
  • 特殊なケーブルや集線装置(ハブ)、バスマスターなどがいらない。
  • 低ビットレート9600bpsかそれ以下で十分。(最終的に2400bpsに決定)

ハードウェア(トランシーバ)規格

  • RS-485(差動マルチドロップ)
  • 交換修理のことを考えるとDIP品のソケット実装が安心だが、最近の高耐圧のものならSOPでも大丈夫だろう。シャットダウン時消費電力、コスト、入手性も考えDIP/SOP両対応できるようにする。ISL8483Eを選択。ちなみに下記はすべてピン互換。
メーカー 型名 特徴 コスト
Intersil ISL8487EIBZ SO8, 低スルーレート, Isd=0.5uA,
Thermal S.D., 256 nodes
Intersil ISL8483ECPZ DIP8, 低スルーレート, Isd=1nA,
Thermal S.D., 32 nodes
Linear Tech. LTC485CN8 DIP8, Isd=0.3mA,
Thermal S.D., 32 nodes
×
Exar Corp. SP485ECP DIP8, Isd=0.6mA,
Thermal S.D., 32 nodes

コネクタ

  • RJ-11(6p4c)×2個
  • 真ん中の2本をショート*1してGNDにする。その両脇を差動信号線にする。

*1加入者線(電話回線)を誤接続した時の対策。2本の線は短時間ならショートしても問題はない。交換機は40mA以上の電流は 自動的に流れないようにしているものが多いからだ。しかしショートの時間が長くなると、電話局によって電圧が切られる。ショートを止めてしばらくすると電圧は復帰する。もちろん加入者線を接続することは火災・感電の元になりうるので公式には禁止。

参考URL

 

Last modified on 2012/10/29