DeMのアーキテクチャ

コンピュータ(CPU)がどのようなレジスタ群で構成されているのか、そのレジスタ同士は互いにどのように結ばれているのか、メモリのサイズや語構成、以上の一切をどのような命令でどのように動かすのか。それらの構造をまとめて「アーキテクチャ」といいます。

WOBでは、すべて10進数で動作させるために、ソフトウェアによる仮想的なCPUを構成してあります。この仮想のCPUを「DeM」(デム)と呼びます。ここではDeM仮想CPUのアーキテクチャを紹介します。

 

Last modified on 2012/10/31